大阪のバーチャルオフィスはこんなに便利

バーチャルオフィスは起業するにあたって、住所や電話番号など最低限必要なものをレンタルすることができ、一般的な職場と違ってビジネスを行うスペースはありません。郵便物や電話は自動的に設定された住所や電話に転送されるようになります。ちなみに、レンタルオフィスの場合は住所や電話、業務を行うスペースがついたものを言います。バーチャルオフィスは一般的なオフィスを借りたり、レンタルオフィスを利用するのと比べて、保証金や敷金が不要で非常に格安で借りることが可能です。東京都の中心地に住所を置くことができるし、大阪のビジネス街に住所を置くこともできます。住所によって取引先が感じる信頼度や信用度が変わることがあるので、利便性の良いエリアを利用すると良いでしょう。

ビジネス街にオフィスを置くことでイメージアップが図れます

大阪のビジネス街にバーチャルオフィスを置くことで、いろいろなメリットがあります。例えば自分一人で行うようなビジネスを起業し、今はまだ規模を拡大する予定がない場合、地方にある自宅の住所の代わりにオフィスを登記すると良いでしょう。ビジネス街にあるということで、取引先からの信用度や信頼度がアップするかもしれません。本店をビジネス街の方にし、実際仕事をする場所を自宅にすると自宅の家賃の一部を経費にしたり、節税上の対策にもなります。東京を本拠地に仕事をしている人の場合、支店の1つとして大阪に置くという方法もあり、地元の人からの信頼を得たり、イメージアップにも繋がるでしょう。ビジネスを起業する際、契約した日から利用することができるという速さも魅力的です。

オフィスを利用するにあたって注意すべきポイント

バーチャルオフィスを利用するにあたって、注意すべきポイントがいくつかあります。オフィス業者がレンタルオフィス業を兼ねている場合があるので、サービス内容をしっかりと確認しておきましょう。オフィスを東京都心部や大阪の中心エリアでも借りることができるので、同じ住所を使用している会社があり、住所を調べると別の会社が検索される可能性があります。その際信用上イメージが悪くなる可能性があるので事前に注意が必要です。会社登記を断っているオフィスが中にはあるので、必ず確認しておきましょう。会社登記ができないと法人口座の開設が難しくなります。電話応対のサービスを提供しているオフィスがあり、別途費用が必要となるので、電話対応は自分でするのか依頼するのかも事前に決めておきましょう。