大阪のバーチャルオフィスはこんなにオシャレ

バーチャルオフィスとは、オフィスの運営会社が提供する、住所、電話/FAX、郵便物の受け取りなど、ビジネスに欠かせない基本的な機能を利用者が共用で利用するサービスです。レンタルオフィスとは異なり、実際のオフィススペースはありませんが、会議室や商談用のスペースは利用することができます。例えば大阪では、ブランドショップが立ち並ぶ人気スポットである心斎橋、電気街で有名な日本橋、高級住宅が並ぶ東住吉はもちろん、高層ビルが立ち並ぶビジネスの中心地の梅田でも、上記の基本的なサービスや、専用電話や電話秘書代行などのほか、魅力的なサービスが提供されています。梅田では、高層フロアの会議室も借りることができ、大阪市内の景色を眺めながら商談をすることができます。

バーチャルオフィスを選ぶメリット

経費に計上できるとはいえ、毎月の事務所の賃料は駆け出しの起業家にとっては大きな負担になります。バーチャルオフィスであれば、そういった費用はレンタルオフィスや通常の貸しオフィスに比べて遥かに安く、また補償金や敷金が不要なため、数千円程度からオフィスを借りることができ、個人のサイドビジネス・ネットビジネス等にも適しているといえます。また、都心の一等地に会社の住所を置くことができます。ビジネスシーンでは、会社の住所がどこにあるかによって信用度が変わる場合も少なくありません。例えば、個人のサイドビジネス・ネットビジネス等を行っていて、規模の拡大も考えていないような場合であれば、自宅ではなく、このサービスを利用して登記をしてしまうというのも良いでしょう。

便利でオシャレ、パソコン1台あればすぐに仕事が始められます

近年では、大阪でもおしゃれで便利なバーチャルオフィスが増えてきています。たくさんの種類から選ぶことのできるドリンクの無料サービスや受付つきのラウンジは日々の商談でも重宝しますし、多くの運営会社では、女性に優しい清潔で便利なパウダールームを備えています。十分なサイズの収納スペースのほか、コピーやFAXのようなビジネス機器も完備していますので、あとはパソコン1台あれば仕事を始めることができます。また、個人情報保護法の施行以来、特に個人事業主にとっては、郵便物のやり取りは個人情報保護の観点から配慮が必要な業務になっており、「郵便物の代行受け取りサービス」は、個人のサイドビジネス・ネットビジネス等を行う個人事業主にとってたいへん便利なビジネスツールといえるでしょう。