大阪でバーチャルオフィスを借りるのはもう当たり前です

大阪にあるバーチャルオフィスの中には、初回登録料が無料、1ヶ月間の利用料が1,000円、郵便物の転送費用が500円、宅配便の転送費用が1,000円など、1ヶ月間2,500円の費用でオフィスの基本的な機能でもある住所や電話番号をレンタル出来るオフィスを利用する事が出来るようになります。最近は株式会社を立ち上げる中での規制緩和が行われているため、会社を立ち上げる人が増えています。しかし、会社を立ち上げる場合には、諸費用が必要になる事、会社の住所が確立しているなどが条件になります。特に、会社の住所は本店のある場所であり、個人で会社設立を行う場合には職場は自宅になっていれば、自宅を登記する必要があります。自宅を登記した場合、電話番号や住所などの個人情報の漏洩が生じてしまうケースもあり、住所や電話番号をレンタル出来るオフィスを利用する人が多くなっているのです。

初期費用が少ないオフィスが多数あります

大阪のバーチャルオフィスには、利用期間が半年での初期費用の合計額が14,000円で利用出来るプラン、2年間の利用期間での初期費用が6万円で借りる事が出来るプランを用意している会社があります。14,000円で利用出来るプランは、初回登録料として5,000円、利用料が月々1,000円で6ヶ月間、郵便物の転送費用が1ヶ月500円の合計になるプランです。2年間での初期費用が6万円で借りる事が出来るプランの場合は、利用料が1ヶ月間1,000円で24か月、郵便物や宅配物の転送費用の合計が1ヶ月当たり1,500円で24か月の合計になるものです。いずれのプランの場合も、最初に支払う金額が14,000円もしくは6万円であり、6万円のお金を支払えば2年間は会社の住所や電話番号を借りてビジネスを行う事が出来る、仕事場が自宅でも人気のある場所にオフィスを構える事が出来るなどのメリットを持ちます。

本店住所として利用が出来る魅力とは?

会社設立を行う時には定款を定める必要があり、定款の中には本店住所を記載しなければなりません。本店住所は会社の所在地でもあるのですが、自宅を職場としている場合には自宅を登記する事も可能です。個人情報の漏えいなどの問題もあり、自宅を登記したくないケースもあります。普通のオフィスを借りる場合、初期費用が多く必要になる、自宅が職場なのでオフィスを借りても無駄になるわけです。大阪のバーチャルオフィスは駅から近い場所にあるなどの利便性を持ちますが、バーチャルなどの名前が付いている事からも、オフィス空間そのものはありません。そのため、駅から近くても遠くても関係ないわけですが、駅から近い住所に会社があるなどのメリットは大きく、ビジネスを拡大する上でのアピールポイントになりますし、住所は登記にも活用出来るのです。